【EC-CUBE2系から4系へ】バージョンアップをご検討の方へ

2020.01.31

EC-CUBE2系から4系へのバージョンアップを検討している方へ。
EC-CUBE4系へのバージョンアップのメリットや、会員データや注文データ等のデータの移行はどうなるのかなどを具体的に紹介していきます。
EC-CUBE2系のままのリスク
EC-CUBE2系のままでいるとさまざまなリスクが発生します。
具体的にはどのような問題が起こるのでしょうか。
▼セキュリティ脆弱性
まず挙げられるはセキュリティ脆弱性の観点です。特に2019年の年末あたりからサイト改ざんによるクレジットカード流出被害が増加しており、そのなかでも特にEC-CUBE2系の店舗での被害が多いようです。お客様への被害を回避するためにも、EC-CUBE4系へ移行することをおすすめしています。
▼EC-CUBE2.12系以前は公式サポートが終了している
EC-CUBE2.12系より前の公式サポートはすでに終了しており、今後新たな脆弱性が発見された場合でも連絡が来ることはありません。また、そのような場合の対応策が公開されることもないため、そのまま使い続けることは大変危険なのです。

▼プラグインやモジュールのサポートが対象外
EC-CUBE公式サポートが終了すると、それに伴って、そのバージョンで利用可能なプラグインやモジュールにおけるサポートも終了するケースが一般的です。
もしも、新たな問題が発覚した場合でも、プラグインやモジュールのバージョンアップがされないまま、問題が放置される可能性も考えられます。

EC-CUBE2系から4系へ移行するメリット
EC-CUBE 2系から4系へ移行すると以下のようなメリットがあります。
▼セキュリティ対策万全
先ほどEC-CUBE2系のリスクについて触れましたが、やはり最新バージョンにすることで公式サポートがあり、セキュリティ脆弱性の面でも安心してご利用いただくことができます。
▼プラグイン、カスタマイズ性が向上
EC-CUBE4系にバージョンアップすることで、便利なプラグインや新しい機能の追加が簡単に行えます。カスタマイズ性も向上するため、それぞれのネットショップに合った希望の仕様が叶いやすくなります。
また、管理画面もサイトオーナーさんが運用しやすいようUIを刷新し、オーナーズストアとの連携も強化したつくりとなっています。
▼レスポンシブデザイン
EC-CUBE4系なら2系ではできなかったレスポンシブデザインが可能です。
一つのテンプレートで管理でき、PCでもスマホでも、タブレットでも見やすく使いやすいページをスピーディーに作成することができます。

▼購入完了までの手順が短くCVRアップも
EC-CUBE4系では購入フローを最適化したことにより、購入直前まできているユーザーを逃さず、カートインまで誘導します。
購入完了までの手順が短くなったことでコンバージョン率(CVR)もアップが期待できるでしょう。また離脱率も下げる効果も期待できるなど、これまで以上に利用しやすいサイトへと改善できます。

それぞれのデータの移行はどうなる?
現在、EC-CUBE2系のままの方が4系へ移行したいと考えるときにもっとも気になるのが、今のデータについてではないでしょうか。

EC-CUBE2系から4系へ移行できるデータは以下です。

・会員データ
・受注データ
・商品データ
・デザインデータ
・支払い方法
・配送方法
・税設定
・プラグインデータ

カスタマイズを行なっている場合は、移行先のEC-CUBEにて手動でカスタマイズを行う必要があります。
EC-CUBE4系へのバージョンアップ、諦めるのはまだ早いです!
EC-CUBE2系から4系へバージョンアップしたいけれど、費用が気になる、サイトを作った会社と付き合いがなく、仕様書等がないなどの理由で諦めていた方もいるかもしれません。

・バージョンアップにあまりお金をかけたくない
・カスタマイズし過ぎて移行できない
・そもそもバージョンアップできるのかわかならい
など


そのような方も、まだ諦めるのは早いです。
難しいバージョンアップもアイピーロジックにお任せください!


           ▼EC-CUBE4系へ移行をご検討の方へ▼
EC-CUBEバージョンアップの事例も数多くあります
私たちアイピーロジックでは、難しいEC-CUBE4系へのバージョンアップにもしっかりと対応させていただいております。

以下はEC-CUBE4系のバージョンアップの事例です。
ミラ・ショーン milaschon|公式オンラインストア
・参考サイト:https://www.milaschon.jp/
kokode digital(ココデジ)
本物研究所 はぴ★ふるネット (こちらはログインしないと見れない仕様のサイトです)
▼EC-CUBE4系への移行はのご相談・お問い合わせはこちらから▼
他のEC-CUBE関連記事
スマートフォンの普及によって、ECサイトで商品を購入する人は年々増加しており、それに伴って、オンライン決済も様々な企業が参入しています。 今回は、ECサイトに...
多くのWebサイトと同じように、ECサイトでのアクセス比率もスマートフォンが圧倒的です。 ECサイトでの売上の80%がスマートフォン経由と言われるくらい、...
Googleの持ち株会社のアルファベット社が販売している「Google Home」にコマース機能が追加されました。 この機能追加によって、消費者が簡単にECサ...

EC4

EC4