EC-CUBEの有料プラグイン売り上げランキング

2017.10.23

EC-CUBEは、2016年の有料プラグインダウンロードランキングを発表しています。

EC-CUBE2系と3系が一緒になって発表されていましたので、今回は2系に絞ってランキングをまとめました。

売れているということは、それだけ使い勝手がよく、利用機会が多いと考えられますので、EC-CUBEでECサイト運営を行なっている方はぜひ一度チェックしてみてください。
EC-CUBE2系 有料プラグインダウンロードランキング
4位 受注詳細CSVダウンロードプラグイン
EC-CUBEの標準機能には、受注情報CSVを出力しても購入した商品の情報は入っていません。
そのため、帳票として利用できない場面があります。

本プラグインをインストールすると、受注管理画面の中に受注詳細CSVをダウンロードできるボタンが追加され、「購入品情報」「配送先情報」が含まれた受注データのCSVを取得できます。

非常に細かな設定が可能なので、非常に使いやすいです。
3位 会員ランクプラグイン
ECサイトの会員に対して、ランク付けを行うことができるプラグインです。

購入金額や購入回数でランク付けを設定でき、ランクごとに送料無料や割引を行なったり、ポイント付与率を上げることができます。

価格だけ見ると高価ですが、使い勝手が良く顧客の満足度も上げられるので、利用する価値はあります。
2位 配送方法設定拡張プラグイン
「重さ」「サイズ」「購入金額」の範囲を設定すると、その商品情報に応じて配送方法を自動的に出してくれるプラグインです。

様々な大きさ・重さの商品を多く扱っている店舗には大助かりのプラグインではないでしょうか。

このプラグインを導入することで、発送作業に必要な工程が1つ減るので、ECサイト運営の効率化に非常に役立ちます。
1位 商品オプションプラグイン
EC-CUBEの有料プラグインの売り上げランキングで2016年に最も売れたプラグインが「商品オプションプラグイン」です。(3系の同プラグインは3位)

このプラグインは、商品詳細画面の中にオプション情報を設定できます。
ラッピング、のし対応、PCのカスタマイズ、オーダーメイド商品など、商品に必要な情報が多いサイトに最適のプラグインです。

対面販売ならその場で聞けば済むことでも、ネットで自動注文受付をしようと思うと項目を追加する必要があります。

本プラグインを使えば、店舗で接客するようにユーザーにネットで注文してもらえるようになるので、ユーザーの満足度アップに繋がります。
それだけでなく、店舗側も注文メールだけで内容を判断できるため、効率も上がります。
まとめ
いかがでしたか?
有料プラグインは5000円のものもあれば、5万円のものまでありますが、どれも値段以上の価値があるプラグインになっています。

今回のまとめを見ていただき、気になるものがあればダウンロードしてみてくださいね。
他のEC-CUBE関連記事
ECサイトでは、ユーザーが商品を購入するまで様々な工夫が必要です。 例えば、サイトのどこに商品があるのか、どんな商品が置いてあるのか等のデザインといったこ...
EC-CUBEでECサイトを作成する場合に必要になるサーバー選び。 小さな規模から始める場合であれば、どのサーバーを選んでも問題ないのですが、商品が数千点以上...
米国時間10月5日にサービスが開始された、「Prime Reading」。 果たしてどんなサービスなんでしょう?...