EC-CUBEが使いやすくなる便利プラグイン(運用編)

2017.09.29

ECサイトを立ち上げる上で大切なのが、どのように運用していくかです。

EC-CUBEには、運用をサポートしてくれる強力なプラグインがたくさん用意されています。
「こんな便利なものが無料?!」と驚くほど便利なものが多いので、ぜひ活用しましょう。

今回は、EC-CUBE2で利用できる運用系のプラグインを8つまとめました。
ECサイトを守る運用プラグイン
バックアップ機能自動化
ECサイトには、商品データ・顧客データ・売上データなど非常に大切なデータがたくさん存在します。

バックアップを取らずに運用していて、大切なデータが消えてしまうことがないように、バックアップを定期的に行う必要があります。

「バックアップ機能自動化」プラグインは、1日に1回自動で行えるものです。

指定した時間以降にサイトアクセスがあった場合にバックアップされる仕組みなので、管理者が何もしなくてもデータを保管してくれます。
メンテナンス切り替え機能
EC-CUBE2は、更新するときにファイルの書き換え作業などが必要になります。

そういった場合に、エラーメッセージなどがお客様に見えないようにするためのプラグインが、「メンテナンス切り替え機能」です。

このプラグインを使うことで、ECサイトを通常の営業状態とメンテナンス中に切り替えが可能になります。

メンテナンスを行う際には問題を防ぐためにぜひ利用しましょう。

なお、メンテナンス中は商品の閲覧や購入などが全くできない状態になりますので、短時間で作業を終わらせる工夫も必要です。
管理画面権限設定
ユーザーごとや管理者権限ごとに管理画面で閲覧できる項目や権限の設定を行えるようになるプラグインです。

売上の管理やユーザー情報などの重要な情報は責任者のみが見られるようにして、スタッフには商品登録のみを行なってもらうといった使い方ができます。

項目が変更されてしまって、誰がやったか調査するといった問題がなくなるため、複数人でECサイトを運営するときにはぜひ導入しましょう。
やさしいGoogleAnalytics表示
アクセス数を正確に計測する際には、Google Analyticsの導入がオススメです。

ただ、Google Analyticsの管理画面は多くの項目があるため、訪問者やPC数などの数字だけを知りたい場合には少々複雑です。

そういったときに最適なのがこのプラグインです。

サイト全体のPV数や訪問数・UU数など、押さえておきたい数字のみに絞って、シンプルな表示でアクセス数を知ることができます。
画質向上
最近のWebサイトは、写真の美しさを重視する傾向があります。

しかし、EC-CUBE2が標準で利用している画像処理のシステムは低画質に変換される特徴があるため、商品が映える写真を用意しても、あまりきれいに表示されない場合があります。

そういった悩みを解決するプラグインがこちらです。

商品に登録する画像の画質を上げることで、商品の質感や素材の使い方がくっきりキレイに表示できるようになるため、お客様が安心して商品を購入できるようになります。
ヘルプ機能
このプラグインを利用することで、質問・回答を掲載できるようになります。

よくお問い合わせをいただく質問について回答を掲載しておくことにより、お問い合わせ件数を減少させられます。

ECサイトの売り上げを上げるための作業をしたいのに、お問い合わせの対応で1日が終わってしまった・・・という方や、同じ内容のお問い合わせをもらうことが多いECサイトはぜひ導入すると良いでしょう。
まとめ
いかがでしたか?
ECサイトを運営するにあたって、少しでも運用を楽にするプラグインを紹介しました。

どのプラグインも、運営者だけでなくお客様の満足度向上に繋がるものですし、無料で利用できるので、気になったものはぜひ利用してみてくださいね。
他のEC-CUBE関連記事
今日は、国内No.1のECオープンソース[EC-CUBE]について取り上げてみました。...
多くのWebサイトと同じように、ECサイトでのアクセス比率もスマートフォンが圧倒的です。 ECサイトでの売上の80%がスマートフォン経由と言われるくらい、...
ECサイト最大手のAmazonが、2017年6月に新サービス「アマゾン・プライム・ワードローブ」を発表しました。 このサービスにより、ファッションアイテム...